国際ブランドを格付け

2014.12.14|種類別クレジットカード格付け

ブランドによって特徴は異なる

クレジットカードにはそれぞれブランドがあります。どれも同じと思ってしまうかもしれませんが、じっくり比較してみるとそれぞれ特徴が異なることに気がつくはず。

そこで今回は、国際ブランドランキングをご用意しました。ぜひ同ランキングを活用し、満足のいくクレジットカードをお選びください。


国際ブランドランキング



アメックス クレジットカード 1位: 「アメックス クレジットカード」
ポイント還元率: 最高0.40%
年会費: 12,960円
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
優待特典: 各種ポイントプログラム、各種優待サービスなど
審査条件: 満20歳以上で高いステータスをお持ちの方(※ 学生をのぞく)

トップクラスのクレジットカードを発行することで知られるアメックス。とくにプロパーカードとして知られる「アメリカン・エキスプレス・カード」は、高いステータスを持った方でしかもつことが許されないカード。では、その詳細をチェックしてみましょう。

このように同カード(ブランド)は、厳しい審査をクリアしないと手にできないことがわかります。よって、堂々の1位といえるでしょう。


ダイナース クレジットカード 2位: 「ダイナース クレジットカード」
ポイント還元率: 最高0.428%
年会費: 23,760円
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
優待特典: 各種ポイントプログラム、各種優待サービスなど
審査条件: 満27歳以上で所定の審査条件を満たしている方


ダイナースもまた、アメックスに次ぐトップクラスのクレジットカードブランド。クオリティと知名度ではアメックスに劣りますが、その内容は充実しています。では、「ダイナースクラブカード」をチェックしてみましょう。


同カード(ブランド)も入会条件が厳しく、誰もが手にできるカードとはいえません。また、クオリティでアメックスに敵わない部分があるため、ランキング2位としました。


JCB クレジットカード 3位: 「JCB クレジットカード」
ポイント還元率: 最高2.50%
年会費: 0円 (※翌年度より10,800円)
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
優待特典: 各種ポイントプログラム、JCBゴールド・ザ・プレミアなど
審査条件: 満20歳以上で安定した収入を得ている方


JCBカードでいうプロパーカードは、「一般カード」と「ゴールドカード」のみ。では、ゴールドカードの詳細をチェックしてみましょう。

2位のダイナースと比較すると大差が見受けられ、さらに審査条件もそこまで厳しくはありません。よってランキング3位としました。


「マスターカード」&「VISA」 4位: 「マスターカード」&「VISA」


国際ブランドカードとして有名なマスターカードとVISAですが、実際のところプロパーカードが存在しません。つまり、独自のカードを発行していないため、両者は同スペックであるといえます。

また、両者はカード初心者から上級者まで幅広くカバーしているので、一般の方におすすめできるクレジットカードブランドといえるでしょう。また、同クラスのカードを比較すると、ほぼスペックが同様であることから、4位タイとしました。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。