ETCが大量に発行できる法人カードランキング

2014.12.14|法人向けクレジットランキング

ETCを大量に発行したい


普段から車をよく利用する企業にとっては、クレジットカードにETCを大量に発行できる特徴を求めるはず。最近では無料でETC発行できるカードが増え、さらにその数も増えつつあります。

そこで今回は、ETCを大量に発行できる法人カードランキングをご用意しました。ぜひ同ランキングを活用し、満足のいくクレジットカードをお選びください。


おすすめクレジットカードランキング



JCBビジネスプラスカード(ゴールド) 1位 : 「JCBビジネスプラスカード(ゴールド)」
ポイント還元率: 最高3.00%
年会費: 10,000円
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
優待特典: 各種優待サービス、付帯保険の充実など
審査条件: 一定条件を満たしている企業代表者の方


同カードは利用額の3%がキャッシュバックされる、コストパフォーマンス抜群の法人向けゴールドカード。さらにETCカードの発行枚数が無制限。おまけにJCBが発行するクレジットカードのため、国内ならどこでも利用できるといえます。

数あるクレジットカードを比較してみても、ETCカードを無制限で発行できるのは同カードだけ。そのため、文句なしのランキング1位です。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 2位: 「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」
ポイント還元率: 最高1.00%
年会費: 26,000円
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
優待特典: 各種ポイントプログラム、各種優待サービスなど
審査条件: 一定条件を満たしている企業代表者の方


同カードはクレジットカードブランドのトップというべき「アメリカン・エキスプレス」が発行する法人向けのゴールドカード。用意された優待サービスのクオリティは申し分なく、ETCカードも5枚まで発行できる特徴をもっています。

ただし、1位のカードと比較すると年会費が高額であること、ETCカードが5枚までという制限があるため、ランキング2位とさせていただきました。しかし、総合的なスペックで見ると、同クレジットカードの方がワンランク上といったところです。


セゾンプラチナ ビジネスカード 3位 : 「セゾンプラチナ ビジネスカード」
ポイント還元率: 最高1.00%
年会費: 20,000円
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
優待特典: 各種優待サービス、4枚まで追加カードを発行可など
審査条件: 一定条件を満たしている企業代表者の方


同カードは親カードにつき1枚までETCカードを発行できます。制限数は親カードの追加発行が4枚までなので、計4枚までのETCカードを発行できる計算。プラチナの名に恥じないスペックを持ったクレジットカードなので、各種優待サービスのクオリティも優秀です。

ランキング2位のカードには1枚及びませんが、スペックでは大差が感じられません。あくまでETCカードの発行枚数でクレジットカード選びをするなら、それぞれをじっくり吟味したほうがいいでしょう。















コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。